どれぐらい下がる?事故車の査定落ち減額相場

事故車どれぐらい下がる

査定額がどれぐらい下がるかは事故の程度によっても違ってくるため一概に言えない面があります。

しかし一応の減額相場をいうと2割ぐらいまでに暴落する感じ

本当なら100万円ぐらいで売れるはずの車が20万円ほどになってしまいます。

事故の程度によって査定落ちは違ってくる

査定落ちの度合いは車の状態で全然違ってきます。だから本当の買取金額は実際にお店に査定してもらわないと判明しません。

事故車だと思っていた車が実際は事故車には当たらないこともあります。こいうケースはラッキーですよね。減額もそれほど大きくはありません。

例えばバンパーをぶつけてしまって破損した程度では事故車・修復歴車にはなりません。減額も修理代のぶんだけ。そのバンパーを元に戻すのに20万円ほど掛かるならその分だけ査定が減額になる感じ。

こうした軽い事故程度では事故車扱いにはならないため大きな査定落ちはありません。

ワンポイント解説

フレームにまで破損が及んだ場合は修理が基本的に不可能なため、大幅な減額となります。

このフレームの破損というのは素人には判断が難しい部分があります。素人が見てわかるようなものではありませんからね。

しかしフレームに破損があり事故車と認定されてしまうような車は、普段乗っていて何かしら違和感があると思います。

変な音がするとか、妙に右へヨレるような気がするとか、ブレーキを踏むと車がガタつくとか。

そうした現象が出てきているならおそらく事故車にあたります。相場の2割程度の値段でしか売れないことを覚悟しましょう。


事故車を売るならやっぱり専門店
査定が下がるのは事故車の宿命。でもなるべくなら高く売りたいですよね。

そこで一番の対策となるのが事故車専門店への売却。確かな再販売ルートを持っているため査定額がだいぶマシに。

1社のみの単独査定だと競争がないためイマイチ値段が上がらないのですが、複数のお店に査定してもらうと結構違ってきます。

競争状態を作り出すにはネットの一括査定を利用しましょう。簡単に複数査定を依頼できます。

カービュー事故車の一括査定

>>事故車の専門店が集結した一括査定へ